なぜ今、美容師にとって地方都市が良いのか

なぜ、まんぞくな待遇や、お給料がもらえないんでしょうか?なぜ、心身ともに消耗してしまうのでしょうか?私の考える答えは、

『 会社の経営状態が健全でないから 』です。私自身、技術と経営を多角的に学ぶため、都市型サロン、地域密着サロン、特殊技術専門店、大規模、中規模、小規模店、フランチャイズ店など、10数件のサロンを経験しました。その経験からなぜ地方都市なのかを、まとめてみました、ぜひ就職活動の参考にしてみてください。

大都市型サロン


  • 通勤ラッシュにもまれる
  • 競合が多いので客数の確保が難しい
  • 家賃、物価が高いので黒字サロンが少ない

Uターンして地域密着型サロン


  • 通勤ラッシュがない
  • 労働人口に対しての客数は意外に多いので確保が難しい
  • 家賃、物価は安いので軌道に乗れば◎

多店舗展開


  • 移動があり通勤困難地域にまわされることも
  • 配属先によって繁盛店も閉店目前のサロンもあり
  • 会社全体での収益により待遇面も左右される、ので注意が必要
  • 大型チェーンなどは、今の業界全体の景気動向に影響を受けやすい

地方都市にJターン


  • 通勤ラッシュにもまれない
  • 労働人口に対しての客数が多い(わざわざ都心部まで通わない)
  • 家賃、物価共に安く、安定経営が多い、撤退サロン数を都心部と比べればわかります